『三方よし』って何?

1

近江(現在の滋賀県)に本店を置き
江戸から明治にかけて
日本各地で活躍した近江商人。
彼らが信用を得るために
大切にしていたのが、
買い手よし
売り手よし
世間よし
という「三方よし」の精神でした。

2

近江商人は
「三方よし」をモットーに、
自らの利益のみを
求めることなく、
多くの人に喜ばれる商品を
提供し続けました。
そうして少しずつ
信用を獲得していったのです。

3

さらに彼らは利益が貯まると
無償で橋や学校を建てたりと、
世間の為にも
大いに貢献しました。
つまり三方よしとは
「商いは自らの利益のみならず、
買い手である顧客はもちろん、
世の中にとっても良いものであるべきだ」
という現代の経営哲学にも
通じる考え方なのです。

4

この「三方よし」の精神は
現代の日常生活においても、
相手よし 自分よし みんなよし
という言葉に置き換えられる
大切な考え方です。
三方よしを世界に広める会では、
この「三方よし」を多くの人に広め
世界中が明るく幸せな世の中となることを
願っております。
三方よしを世界に広める活動に
ご協力お願いいたします。